事業に関する見通し

2016年は、糖尿病(Beat Diabetes)が世界保健デー重要な問題です。
今年(2016年)4月7日、世界保健機関(WHO)が発足した1948年4月7日を記念する「世界保健デー」である。世界糖尿病デーを迎え、出版されたIDF糖尿病年鑑の最新号で、2035年までに糖尿病にかかった人が3億8,200万人から5億9,200万人に急増すると予測しました。

WHO(世界保健機関)によると、2012年の統計に限って1750万人が心血管系の問題で死亡すると報告されています。
(http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs310/en/index2.html)

全世界の糖尿病患者数2035年5億9,200万人であり、来る2035年までに全世界の糖尿病患者数が今の3億8,200万人から5億9,200万人に大幅に増加するとの見通しが出ました。(http://www.yakup .com / news / index.html?nid = 169312&mode = view)

糖尿病患者が急増するにつれてくる2035年には全世界の人口のうち、10人に1人が糖尿病患者になるという推測されます。

「IDF糖尿病の地図」2012年版は、全世界の糖尿病患者数は3億7,100万人に達し、糖尿病による死亡者数が480万人に達すると推定したがあります。

2013年一年の間、合計510万人であり、糖尿病および合併症のために死亡しました。
さらに、診断受けていない糖尿病患者数万度1億7,500万人にもなります。
(http://www.luxellclinic.co.kr/index.php?document_srl=927&mid=sub0903)


特に糖尿病患者数「ビッグ3」の国は、中国(9,800万人)、インド(6,500万人)と米国(2400万人)などと指摘されました。
また、地域別では、オーストラリアと中国、日本を含む西太平洋地域が糖尿病患者数が1億3,800万人に達し、患者数が最も多い地域で数え運転した。

国際糖尿病連合のマイケルハースト会長は「糖尿病が「金持ちの病気」という誤った認識が相変わらずのうち、糖尿病との戦いのために莫大な費用を必要とする状況に直面しているけた "と言って、「世界糖尿病の日を迎え私たちは、健康的な食事と運動の重要性に対する認識を継続的に拡散させていかなければならない」としました。

米国の場合、今年、糖尿病が原因で支出された費用が6,000億ドルをはるかに越えて、糖尿病に起因する医療費の支出額が最も高い地域です。

東南アジア地域の場合、全体の糖尿病患者の約半数が、診断を受けていない状態なので、特段の警戒心が必要になると指摘したし、アフリカでは、糖尿病による死亡者のうち、全体の4分の3が60歳以下であることが推測されます。

中東および北アフリカ地域でも、糖尿病患者の有病率が10人に1人の割合に達すると推定され、中南米では、患者数が60%も急増することが予想されました。

これにより、国際糖尿病連合は、糖尿病と非伝染性慢性疾患(NCDs)を予防‧治療し、患者を支援するための社会全体の努力が望まれる結論に達しまし。


事業の規模

今後ウェアラブル事業がIT製品の大勢を形成することです。
特に成人病の管理に関するスマートワットチードルはシルバー産業の線を引いており、多くのビジネス領域で位置づけをしています。

今後、生命に関連するウェアラブルデバイスの場合、価値性は無限大です。
世界市場規模は、3700億ドル(400兆)の大規模な市場であり、米国の市場に限定しても、240億ドル(26兆ウォン)市場と、今後大きく成長することがアイテム群です。

エルピーダワット値は、この分に専門的に特化した技術を保有している企業で、今後の生命工学ITが融合した新たな地平を導いていきます。

supreme.jpg
supreme.jpg

press to zoom
basic watch2.jpg
basic watch2.jpg

press to zoom
lpwatch app.jpg
lpwatch app.jpg

press to zoom
supreme.jpg
supreme.jpg

press to zoom
1/8